プロフィール

猫振豊富

Author:猫振豊富
ふぇありぃうぉーるへ

皆さんの書かれた書き込みはいつも励みにさせて頂いております^^元気の源です^^


ピクシブ入ってる方はマイピクになってもらえると嬉しいです^^

みくしぃ:そしてmixiもやってます~^^がっ、激ヤバ危険トークなのでご注意下さいw_

最近のコメント
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近の記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイメロ:今週のマイメロ~

今週のマイメロ~

大臣(ダークパワー)がジュン様の所にやってきて、
結構シリアス展開でスタート。

ギターが憎しみの力でパワーを開花させる
ということを諭され歌ちゃんとの間で翻弄されるジュン。

絶え間ない長い葛藤のなかでジュンは深い悲しみに
とらわれていました。
-----------------
いっぽう学園のほうでは歌c達が前回のお話のことを話していました。
ジュンくんがクロミのメロディキーを充電している決定的瞬間を目の当たりにした事でした。
でもカケルは、ジュンは悪気があってやってるわけじゃない、どうせクロミたちにそそのかされたんだろうと、あくまでジュンをガード。
愛ですねぇ。(おぃw
そして、歌ちゃんはその言葉を信じて、ヒイラギさんのお宅を訪問
(おとなりの晩御飯かよ

そして歌ちゃんがお宅を訪問していると・・・
ケーイチぼっちゃま登場、庭でノーパソをしていました。
ケーイチぼっちゃま「帰りに、僕の部屋でお茶飲んでいかない?」
歌「そんなことより!先輩はジュン君の事が心配じゃないんですか!?」
そう言われて、ケーイチぼっちゃま・・・

そんなことより~(ループ)

僕のお茶の誘いは…「そんなこと」だったのかとショック・・・
(っていうかそんなフリーズするほどでもないと思うんだけど、プライドが高い人ならではのリアクションでしょうか。南無)
そして、バクがそれをみて「そんなことよりそんなことよりゾナ♪」
とはやし立てる・・・ずっきゅーん→お約束(爆)

それで目が覚めた兄貴…ジュンが充電を・・・!?
-----------

んでもってジュンの部屋の前まで来た歌一行w
会って話がしたい・・・でもジュンは皆に合わせる顔がないといって部屋から出てこない。

そのとき、クロミとバクがシチリにサンマを乗せてにおいでおびき寄せる作戦・・・
なめてんの?

っていうか自分だったらそうやっておびきよせるようなヤツの所には
絶対行かないなー。かえって重く心を閉ざしてしまうことでしょうねーーーーーーーーーーーーーー(長
セバスタン(執事)もセバスタン
「わたしがジュン様の行動を分析しましたところ、部屋の外はこーんなに面白いから早く出ておいで~」と誘いをかけるのが一番効果的と出ております。」
それでも執事か?あんたはジュンのナニをみていたんだ・・・ふざけんな!!って思いました。

虫唾が走りました。(爆)心の描写がまるで出来てないよぅ(TT)

ここでちょっと置いてかれ気味だったんですけど・・・
あとですね、クロミが、ジュンくん出てくるように・・・
セバスタンに魔法をかけて・・・
ジュン君が出てくるでショー
になってきて・・・

なんだかジュンを人道的に扱ってないシーンが見て取れて・・・キツイ
見るに絶えなかった><
無理やりテンションでごまかして
ちょっとなぁ;でした。

マイメロ自体は好きなんだけど、話の流れがね^^;
もともとカオスだから何がでるか分からないけど・・・

まぁでも結局さいごは・・・その出てくるでショーで出てきたんだけどね(大爆発)

ジュンはでも大人だよな~とでも思った。そういった「イジリ」はオレを心配しているからこそなんだ、とジュン自身気づいたんですね。
でもその読み取り方がまたジュン君らしいといえばそうですねっ♪

そのあと、元気そうにジュンはみんなの前で振舞ったけれど、内心ではかなり重いものを抱えていたんですねー。
自分が、分からずともしてきた罪に気づき直面してこみ上げてくる罪悪感に押しつぶされそうです。

------------
その夜、ケイイチぼっちゃまがジュンの部屋を訪問・・・
ジュン「なに・・・バイオリンでも弾いてくれるの?・・・・
弾いてよ・・・聴いてやるからサ・・・」
という切ない願望の混じった言葉。
昔ジュンが風邪をひいた時…ケイイチ坊ちゃま、ジュン君にバイオリンを弾いていたことがあったんです。それで気持ちよく寝ることが出来た
ことがあって・・・

つまりジュンの心は今病んでいたんですね

でもさらに傷をえぐるような発言をするケイイチぼっちゃま。
それに腹をたてても、そこでガマンするジュン。
しかし・・・海外の学校に進学する話を持ち出してきて。。。
ジュン「そんなにオレがじゃまなのかよ!」
ついにキレたジュン様。ビリヤード台を蹴飛ばしケイイチぼっちゃまを叩こうとするも、蹴飛ばしかえされ返り討ちに。

しかも唯一の頼みの綱である、幼少時代に弾いてくれたギターを・・
「しらないわからないおぼえてない・・・」
そういってヒイラギぼっちゃまは立ち去っっていきました。

そこにダークパワーの意思(大臣媒体)が出現。
ダーク「兄貴がにくいか・・・」
ジュン「・・・」
ジュンは何も言わずメロディギターを手に取りかき鳴らした。
ダーク「それでいいのだ・・・」

こうしてジュンの心のタガは外れたのだった・・・

って話でした~。以上っ☆
スポンサーサイト

テーマ : おねがいマイメロディ
ジャンル : アニメ・コミック

コメント

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。